感染に待った!クラミジア対策にはクラビットとジスロマックが常識

ジスロマックによる治療

抗生物質はSTDを含む感染症や二次的な感染を防ぐ為に、あるいは細胞壁なども持たない難治性の感染症などの治療に対して用いられ、感染部位に作用する事で炎症を鎮め、腫れを抑え体に起こっている辛い症状を緩和させる事が出来るようになり、同時に殺菌作用や抗菌作用を示します。
難治性の細菌にはトラコマティスという従来までは結膜炎の原因菌とされていた細菌により起こるクラミジア性感染症に有効性を発揮し、抗菌作用を示すのがジスロマックであり、クラビットを改良して誕生したプロドラッグになります。
ジスロマックとは、マクロライド系製剤に分類されアジスロマイシン水和物を成分とし患部に作用する事で細胞内に取り込まれ細菌の機能を阻害する事により、菌の増殖を防ぎまた抗炎症作用を発揮してくれます。
他の抗生物質と異なる特徴としてマクロライド系の製剤は高濃度を維持したまま病巣に作用し、一般的な静菌作用とは違い殺菌的作用があり特に成分アジスロマイシン水和物は不活化しにくく胃酸の影響を受けづらい為、濃度を維持したまま作用する事が出来ます。
従来のβラクタム薬に含まれるペニシリン系やセフェム系製剤に比べると作用が若干劣りますが、高濃度作用のおかげで服用回数を大幅に減らす事ができ、クラミジアの治療では1日に1回経口服用を行い、3日間続ける事で効果を1~2週間持続させられ頻回投与の必要がなく、一方のβラクタム薬は半減期が1時間と非常と超短時間型となる為、1日に少なくとも3回以上の投与を必要とし患者にかかる負担を増やしてしまいます。
またβラクタム薬にアレルギー反応を示す方でもマクロライド系製剤は投与する事ができ、妊娠中の方でも投与出来るので安全性も高いとされています。
近年では細菌にも抵抗力を付けているものもいるので、服用回数が増える事もありニューキノロン系のクラビットの大量投与を行って治療する事もあり、処方される機会が多い抗生物質になります。

サイトメニュー

■気づかない病気

■ジスロマックによる治療

■感染率の高いクラミジア

■新しいタイプの抗生物質

■危険なクラミジア


オススメリンク

ジスロマック通販でクラミジア治療