感染に待った!クラミジア対策にはクラビットとジスロマックが常識

新しいタイプの抗生物質

アジスロマイシン水和物250mgを成分用量としたジスロマックとは、様々な細菌あるいはウィルスにより引き起こされる感染症の治療に用いられる薬になり、感染症は体内に侵入した菌が病巣を作る事で体が病原体から体を守る防衛反応を起こす事で、感染部位に腫れが生じる事や場合によっては化膿、あるいは痛みを起こす事や発熱を伴い、病原体に種類によっても異なりますが苦痛を伴う事があり、時に人が感染に無自覚なまま体内では病巣が広がり悪化させてしまう事もあるので危険な病気であると言え、ジスロマックは現状では完治させる事の出来ないHIVを除き難治性の病原体にも効果を発揮する抗生物質になります。
本剤は、マクロライド系に分類する事ができ新しいタイプの抗生物質として誕生しましたが、細胞壁を持たないマイコプラズマや性病領域では感染率が最も高いクラミジアの原因菌であるトラコマティス菌にも有効性を示し、またインフルエンザ菌に対しても有効と考えられ従来の抗生物質に比べてインフルエンザ菌に対しての抗菌活性作用は改善されているとされます。
ですが肺炎球菌に対しての作用は劣るとされβラクタム製剤に分類されているセフェムやペニシリン系の方が感受性が高いと言われますが、これらの薬に対しての抗原反応がある方でもジスロマックは投与が可能な薬となるので用いられる機会が多いと考えられています。
また本成分の特徴として、弱点であった投与してから胃を通過する際に胃酸の影響により成分が不活化してしまい十分な作用をもたらす事が出来ませんでしたが、これは不活化しにくいとされ体内への吸収も良いとされているので濃度が高い状態を維持したまま感染部位へ作用させる事が出来ます。
T1/2も長い事から頻回な投与を必要とせず、性病クラミジアであれば一日一回の単回投与を三日間続ける事で有効時間を一週間から二週間をする事が出来るのでクラミジアを原因菌をこの期間内で死滅させ性病を完治させる事も出来ます。

サイトメニュー

■気づかない病気

■ジスロマックによる治療

■感染率の高いクラミジア

■新しいタイプの抗生物質

■危険なクラミジア


オススメリンク

ジスロマック通販でクラミジア治療