感染に待った!クラミジア対策にはクラビットとジスロマックが常識

感染率の高いクラミジア

性病(STD)において日本で一番感染者が多いのはクラミジアです。
このSTDは特に若い世代の女性が多く感染しており、ほとんどが無自覚のまま他人へうつしてしまうのです。
症状があまり出ないため自分が感染しているという事に気づきにくいのでしょうがないのですが、このSTD実は大変怖い病気なのです。
症状が出ないのであれば無害なのでは?と考えがちですが、この細菌は体の中にずっと残っており段々と上の方へと昇っていく場合もあります。
感染か所によっても症状が異なりますが通常の性器に感染した場合、男性だと尿道炎を起こしたり、前立腺炎、精巣の炎症などを引き起こしてしまうばあいがあります。
症状が出なくても尿道内には潜伏していたりするので、他の人にうつしてしまいます。
女性の場合はほとんどの方が初期には症状がみられず感染に気付く方がまれだとされています。
症状が出ないことが原因で多くの人へと感染させてしまいます。
放置してしまった場合、酷い人だと子宮頸管炎、骨盤の炎症や様々な腹痛の原因となります。
そして不妊症になったり、妊娠できても早産や流産を引き起こしやすくなります。
無事生まれてきても、生まれたての子に感染させてしまう恐れもあります。
そこで現在妊婦健診の時はかならずクラミジアや他のSTDの検査を行うようになっております。
実はクラミジアは感染の経路が一つだけでなく、複数あるのです。
まずは性器同士になります。
そして、咽頭での感染もみられます。咽頭にうつっていた場合、ほとんど症状がみられないので、他の人にうつしやすいのです。
口だけの行為でもうつってしまうのでいかなる場合でもコンドームは必需品です。
そして直腸にもうつるので、肛門等へ挿入するときも気を付けましょう。
クラミジアは一見すると症状が出にくくあまり怖い病気じゃないのかな?と考えがちですが、実はHIVなどになってしまう確率が通常の時よりも高くなるのです。
性器などに炎症がみられると感染しやすくなってしまうのです。
治療方法は抗生物質を服用することで1週間程度で治るとされています。
症状が出ていなくても心当たりのある方は定期的に検査することをお勧めいたします。
今では簡易キッドなどもネットで販売しています。
検査することはどのSTDでも大事です。

サイトメニュー

■気づかない病気

■ジスロマックによる治療

■感染率の高いクラミジア

■新しいタイプの抗生物質

■危険なクラミジア


オススメリンク

ジスロマック通販でクラミジア治療