感染に待った!クラミジア対策にはクラビットとジスロマックが常識

気づかない病気

性感染症は、ほとんどの性行為によって感染を引き起こし人から人へと感染し細菌やウィルスは蔓延し増殖していってしまい自覚症状を伴わず気づかぬうちに症状が悪化してしまい重篤な病気へと発展してしまうこともあり、日頃から不用意な性行為を行うことは常にこういったリスクがあるということを認識し正知識をもって行わなければなりません。
多くの細菌やウィルスはある一定の条件のもとでしか生存してくことができず、単体で生存することができないものがほとんどですが、そういった条件などを全て満たしてしまうのが性行為になり人の粘膜同士が接触することで感染しまた人の体温であれば生存することができるので繁殖し病気を発症させてしまいます。
中でも感染率が高く国内感染者数がトップクラスの病気がトラコマティスという0,2ミクロンほどの細菌が原因となり発症するクラミジアになります。
クラミジアとは現在では治療が簡単になったため治療に時間を要する病気ではありませんが、非常に厄介と言われる特徴があり感染しても感染したことに無自覚であり症状が進行してしまったり、再び性行為をしてしまうことで蔓延させてしまう可能性が高く自覚症状がほとんどないことが特徴の性感染症になります。
女性は子宮頸管に男性は尿道に感染をおこし炎症をおこしますが、女性は不正出血や帯下(おりもの)の増加が初期症状となりますが、こういった症状は生理前やホルモンバランスに変化など場合でも現れる症状のため放置の原因につながり8割の女性が気づかないと言われています。
一方の男性は尿道の痒みや痛みあるいは違和感などを感じ排尿時には膿がでることがありますが、5割の男性が感染に気づかないと言われています。
治療には従来まではクラビットという薬が第一選択の薬でしたが服用回数が多いので飲み忘れまたは自己判断での断薬をしてしまうケースがあり十分な治療が行えていないケースがあり、最近ではクラビットに変わって1回の服用で9割の確立で完治させることができるジスロマックの処方が主流になってきています。
感染した場合にはジスロマックなどの抗生物質の服用は必要になりますが、再発のケースなどを考え日頃からコンドームを使用したり定期的に検診を受けるなど個人の対策も重要になってきます。

サイトメニュー

■気づかない病気

■ジスロマックによる治療

■感染率の高いクラミジア

■新しいタイプの抗生物質

■危険なクラミジア


オススメリンク

ジスロマック通販でクラミジア治療